2009年6月12日金曜日

ViZiMO中間報告

「時をかける」inViZiMo
ということで考えました。
何か面白いことはないかと。

しかしなにも思いつきません。

だから「時をかける」迷路のようなものを作りたいと思ってます。

単純にフィールドの形は「時」という文字の形。
できれば立体にも挑戦してみたい。

ゴールへ辿り着くアイテムや、ヒントも「時」的なもの。


というようなものを今、思いつきました。


時をかける少女から思いつきました。


いろんな迷路をやってみて、さらにこれを深めていけたらと思います。

12 件のコメント:

  1. 迷路案はほかの人も考えているようなので、独自性に期待しています。

    返信削除
  2. フィールドが「時」
    最後に、実はこれも「時」でしたっ!みたいになると、驚きかもしれません。

    返信削除
  3. 様々な要素で“時”を意識させる迷路になると
    問題提起(?)の要素も含んだ迷路になりそうですね。

    返信削除
  4. 「時」の字に沿って進んでいくと、ユーザの軌跡が「時」のかたちになる=「時を描ける」、という解釈はどうかな?

    返信削除
  5. いろんな「時」の感じ方ができる空間ができそうですね。どんな時の迷路が出来上がるか楽しみです。

    返信削除
  6. 時間によってコースのルートやつながり方が変わったりすると面白そう。

    返信削除
  7. 何かしらの仕掛けがあると面白いと思います!
    あとは、映像の見せ方だと思います(・u・*)

    返信削除
  8. むしろ時をかける少女をパクッては?

    返信削除
  9. 横に進むだけでなく上に行ったり、下に行ったりと
    三次元的に楽しめると良いかもです。
    vizimoは自由な視点切り替えができないので
    見晴らし台を作らないと「時」の字が見渡せないかも…

    返信削除
  10. いろんな文字で迷路を作ってみては。
    「迷」だったらゴールした時に「あなたは迷いに5分かけました。」とか。

    返信削除
  11. キャラを増やしたら次元増えたように見せれんかな?

    次元の意味を完璧に理解できてないけど

    返信削除
  12. ぱっと見ふつうな迷路をクリアしたら、

    「時」という字を描いていた

    とか  

    想像したらブルッとしちゃいました。


    妄想してごめんなさい。完成楽しみにしてます!

    返信削除